片山博義の考えるサッカーとは

片山博義の考えるサッカー

片山博義のサッカー世界基準

いつでも、どんな環境でも
世界で戦える選手を育成
勝つために必要な「技術、身体、知力」
挑戦できる体を練習で身に着ける
自分を最高傑作に作り上げる努力と練習方法
試合を指揮者の様に動かせる選手

敵より先に読む力を養う
どうパスを送るか?
どう受けるか?
そしてスペースへ動くことを考える力
自ら動き出せる選手「ほどほど」は存在しない、
「全力と正確性」を追及
極限にチャレンジして、ミスして、
また違うミスをして成長できるように

攻守に渡り常にボールを支配すること、
それが99%攻撃のサッカーである
サッカーとは、
ゴールすること、させないこと
ボールを正確に、的確なタイミングで、適所に動かす
それは
人よりボールは早く、そして疲れを知らないからである
しかし、ボールより早いものが1つだけある
それが「判断力」
判断力は勝敗を分ける根源となる